手つかずの自然が残る中国地方最高峰の大山!

四季を通して素晴らしい大山!

鳥取県に旅行なら日本名峰ランキングでベスト3に選ばれた大山がお勧めです。人々の心をその美しい姿がとらえ続けているのが大山です。中國地方最高峰で大山の主峰弥山は標高1709メートルです。新緑の春から夏や紅葉の秋、雪山の冬と自然を存分に四季を通して満喫する事が出来ます。大山は山岳仏教の霊場として明治時代迄入山が禁止されていました。その為現在も手つかずのままの大自然とも言えます。古くから登山家の憧れの山で、人気があるのは森林浴や自然観察スポットとしてです。大山夏山開き祭は例年6月第1日曜日に行われます。本格的な夏山登山シーズンはこの祭りの後から始まります。大自然を全身で感じられる大山登山は、鳥の鳴き声や緑の匂い等素晴らしい空間です。

大山の色々な楽しみ方!

天候に恵まれた日の大山登山は、頂上あたりから日本海や弓ヶ浜半島、中海等を望む事が出来ます。壮大な景観を普段見る光景とは違い満喫する事が出来ます。大山を気軽に楽しめるハイキングコースや、古道やブナ林を楽しむウォーキングコースもあるので、登山はちょっと無理と言う人でも大丈夫です。米子方面から見ると大山はなだらかな姿がまるで富士山の様に見えます。その為伯耆富士とも昔から呼ばれています。又大山の北壁は大山町から見る事が出来ます。屏風型の岩肌が特徴で日本一の規模の溶岩ドームにより形成されています。これは米子方面から見える伯耆富士の姿と同じ山だと思えない程です。大山はのんびりとドライブで行って見るのも、色々な姿やつやつやの緑を楽しむならお勧めです。

アドドドヴェンチャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です